MENU

相続放棄と生命保険

相続放棄をすれば、初めから相続人ではないということになるわけですが、被相続人、つまり死亡した人が加入していた生命保険金についても受取ができなくなるのか、この質問についてはインターネット上でもよく質問している人が多い問題です。この場合には、一概に受け取れないとも言い切れないのが現状です。保険契約の内容によってはその受取が可能であるか不可能であるのかということが違ってくるからです。生命保険金の受取はだれなのかしっかりと知ることから始めましょう。たとえば亡くなった人本人が受取人だった場合には、被相続人名義であるたとえば貯金があったり、債権があった場合と同じで、生命保険金の請求権についても、相続財産の一部ということになりますので、相続放棄をしたら、相続人で派内ということになるので、生命保険金も受け取ることが不可能になります。もしも夫が自分名義で生命保険に加入していて、保険金は妻が受取人になっていた場合には、生命保険契約上相続放棄をしていたとしても、契約では、生命保険金は妻が受け取るという契約になっているために、これは受け取れることになります。生命保険の相続人が保険金受取人に決められている場合には、他の相続放棄はしていても、生命保険については、受け取れるということになります。注意しなければいけないことがあり、税金についていろいろと相続をする場合にはややこしいことがあります。受取人になっていて、相続放棄をしながらも生命保険を受け取る場合には、その金額によっては、税金を支払わなくてはいけないことになるのです。生命保険料の支払いを実際は誰が行っていたのかによってもかかってくる税金の種類は違ってきますので、その点は確認する必要があります。亡くなった人が自分で保険料を支払っていたのでしたら、受取人が受け取るという場合には、相続税がかかってくるケースが一般的です。受取人が保険料を支払ってきていたという場合には、生命保険金の受け取りというのは、一時所得扱いになりますので、所得税が課せられることになります。生命保険と相続放棄に関しては少し複雑になってきますから、もしもその場になってみて、どうなるのか、税金のことも含めてわからなくなったという場合には、一度生命保険会社のスタッフに相談してみるというのがいいと思います。相談することで、どうすればいいのかアドバイスしてもらえると思いますので、その流れで手続きをすることができます。

保険の加入方法

 

保険の加入方法について紹介します。保険の加入方法ですが、保険に加入する場合には、まずはどこの保険会社の保険を加入しようか考えて保険会社を選ぶところからはじまります。保険関係者が身近にいる場合には、色々と話を聞いてから保険に入ると安心です。通販で保険が販売されていますが、通販で何もわからずに、適当に保険を選んで加入するというのはあまり賢い保険の加入方法とはいえないと思います。保険会社の資料請求をしたりして色々と検討してから保険会社を選ぶようにしましょう。

 

そして保険に加入する保険会社が決まれば、保険証券のコピーを渡して今の保険の内容を見てもらって、今後どうしたらいいのか診断してもらうとこれから入る保険についてよくわかると思います。保険証券を見せて新たに加入する保険のプランが気に入ったら、一度保険のプランを出してもらって、将来設計を見てから保険に加入するとスムーズに保険に加入することが出来るのではないでしょうか。保険に入る場合には直接保険会社に電話をしてもいいですし、保険販売員に家に来て貰ってもいいですし販売代理店へ相談にいって保険の加入する方法もあります。自分の入りやすい保険の加入方法を選ぶといいのですがやはり話を聞いてから入るほうがいいでしょう。

保険の告知義務

保険に加入する場合にはほとんどの保険で、健康状態や職業などについて告知する義務があります。保険というのは、色々な人が保険料を出し合って成り立っているので、はじめから健康状態が悪い人や危険な職業についている人などが条件無しで保険に契約してしまうと、保険料の負担の不公平が出てくると思います。それらを解消するためにも、過去の病気や治療の期間などを保険を加入する場合には告知しますし、健康状態や体の障害時の状態、また職業なども必ず告知しなければならないことに決められています。

 

もしも告知した内容が違っていう場合は、告知義務違反となります。保険の告知義務違反では加入していた保険の解除することになりますし、保険金や給付金ももちろん支払われないことになります。ですから保険に入る場合には必ず告知をして、偽ることなく保険に加入することが大切です。保険会社の人は、保険を適応するかどうか検討する際に通院歴なども調べますから、もしも、病気に罹っていたり過去に何らかの病気で手術などをしていたことがわかった場合には、もちろん保険金はおりませんし、告知義務違反で保険自体を解約することになります。保険の告知義務は多くの人と保険料を相互していることから一番大切なことになります。

 

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1審査の甘いカードローン10

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1審査の甘いカードローン10