保険と税金

MENU

保険と税金

保険と税金について紹介したいと思います。保険の契約の形態によって、税金の種類というのは違ってきます。例えば、契約者と被保険者、受取人が同一人物で満期保険金が支払われた場合には、所得税や住民税といった一時所得を支払う必要があります。これは保険の契約者本人が税金を負担することになります。これは同じように、例えば、夫が契約者で妻が被保険者で受取人が夫の場合、死亡保険金や満期保険金が支払われた場合も同様です。保険の税金は受取人がほとんどの場合負担することになっています。

 

例えば夫が契約していた妻が被保険者である保険を、妻が受け取った場合には、これは死亡保険金の場合は、所得税や贈与税になってきますし、満期保険金の場合は贈与税に辺り、受け取った人が税金を負担することになります。保険金の場合でも高度障害保険金の場合は税金の対象にはなりませんし、保険の給付金などの体に関わっている給付金にも税金はかからないことになっています。もしも受取人本人が死亡していた場合には、相続人が受け取ることになって、その場合、税金の負担は相続人ということになりますし、相続税がかかってくると思います。もしも死亡する前などに、保険を途中で解約してお金を解約金などのお金をもらった場合には、それは一時所得になり、契約者が税金を支払うことになります。

厳選2

#サイト名PRリンク